【シンシェード】車検対応とメリット・デメリットを徹底解説

シンシェードを使用する際、車検に通るのか心配な方も多いでしょう。

本記事では、そんな方に向けて、シンシェードの車検対応について詳しく解説します。

シンシェードのメリットやデメリットを理解し、適合する車種や商品詳細、特徴を把握することで、安心して使用できるようになります。

また、シンシェードの取り付け方や、どんな人におすすめかについても紹介します。

車内の快適さを追求する方にとって、シンシェードは強力な味方となるでしょう。

本記事のポイント
  • シンシェードが車検に通るかどうか
  • シンシェードのメリットとデメリット
  • シンシェードの適合車種と商品詳細
  • シンシェードの取り付け方とおすすめの利用者層
目次

シンシェードが車検に通るか知りたい方へ

シンシェードは車検に通るのか?

シンシェイド 車検対応についての説明書
引用元:SHINSHADE ホームページ

シンシェードは2021年現在は車検対応をしています。

ただし、シンシェードは、フロントガラスや運転席の窓を覆うため、車検の際に特に注意が必要です。具体的には、運転視界を妨げず、安全基準に適合しているかどうかがポイントです。

まず、シンシェードは運転中に使用することができないため、車検時には取り外しておくことがおすすめです。

運転席や助手席の窓に装着されたままでは、視界を妨げる可能性があり、車検に通らないことがあります。

また、シンシェードの取り付け方法や状態も重要です。シンシェードがしっかりと固定されており、走行中に外れたりずれたりしないことが求められます。これにより、安全性が確保されていると判断され、車検に通る可能性が高くなります。

総じて、シンシェードは車検に通る可能性があるものの、使用方法や取り付け状態に注意を払うことが重要です。適切に管理し、安全基準を満たすように心がけましょう。

車のサンシェードは違反ですか?

車のサンシェードは違反になる場合がありますが、使用方法や取り付け場所によって異なります。基本的には、運転中にサンシェードを使用すると視界を妨げるため、違反とされることが多いです。

まず、運転席や助手席の窓にサンシェードを取り付けたまま運転することは、道路交通法違反となります。

これにより、視界が狭くなり、事故のリスクが高まるためです。実際、警察に取り締まりを受ける可能性もあります。

一方で、駐車中に使用するサンシェードは違反ではありません。駐車中に車内の温度を下げるために使用することは、むしろ推奨される場合もあります。ただし、運転中には使用しないようにしましょう。

また、車検時にもサンシェードの取り扱いには注意が必要です。車検の際には、運転席や助手席の窓からサンシェードを外しておくことが求められます。これにより、視界がクリアであり、安全基準を満たしていることを確認できます。

以上の点から、車のサンシェードは適切に使用すれば違反とはなりませんが、運転中に使用することは避けるべきです。駐車中や車検の際には注意を払い、安全に利用しましょう。

シンシェードのメリット

シンシェードは、車のオーナーにとって多くのメリットを提供する製品です。

まず、その取り付けの簡便さが挙げられます。シンシェードはロールスクリーン式で、使用時には下に引くだけで簡単に設置でき、収納時にはボタン一つで自動で巻き取られます。これにより、毎回の取り外しや設置の手間が大幅に軽減されます。

次に、シンシェードは高い遮光性を持っています。外側はシルバーで反射し、内側はブラックで熱を吸収するため、車内の温度上昇を効果的に防ぎます。夏場の駐車中でも、車内が過度に暑くなるのを防ぎ、快適さを保てるのは大きな利点です。

さらに、防犯対策としても有効です。シンシェードを使用することで、外からの視線を遮ることができ、車内のプライバシーを保護します。特に車中泊や車内での着替えなど、様々なシーンで活用できます。

加えて、シンシェードは常時取り付け型なので、使用しない時でも場所を取らずに収納でき、車内のスペースを有効活用できます。これにより、車内の整理整頓がしやすくなり、他の荷物の置き場所にも困りません。

このように、シンシェードは取り付けの簡便さ、高い遮光性、防犯対策、そして車内スペースの有効活用といった多くのメリットを提供する製品です。

シンシェードのデメリット

シンシェードにはいくつかのデメリットも存在します。

まず、取り付けが簡単とはいえ、初回の設置時にはやや手間がかかることがあります。特に、取り付け角度が適切でないと、走行中に外れてしまうことがあり、これは大きな安全リスクとなります。

また、シンシェードの固定が不十分だと、運転中に徐々にずれてくることがあります。これは、特に長時間の使用や高温の環境下で発生しやすく、定期的なチェックと調整が必要です。この点はユーザーにとって煩わしく感じられることがあります。

さらに、シンシェードの一部パーツはプラスチック製であり、耐久性に不安を感じる場合があります。特に取り付け部分の摩耗や劣化により、使用期間が長くなると不具合が生じる可能性があります。このため、頻繁に使用する場合には交換部品が必要になることもあります。

そして、猛暑日の使用では、シンシェード本体が非常に高温になることがあります。アルミ製のため、直射日光にさらされると熱くなり、巻き取り時に手で触れると火傷する危険があります。このため、取り扱いには注意が必要です。

これらのデメリットを理解し、適切に対処することで、シンシェードをより安全かつ快適に使用することが可能になります。

シンシェードが外れる場合の対策

シンシェードが外れる場合、いくつかの対策を講じることで問題を解消できます。

まず、取り付け方法を確認することが重要です。シンシェードは正しい角度でしっかりと固定する必要があります。取り付け時にガイドを使用し、正確に設置することで外れにくくなります。

取扱説明書や公式サイトの動画を参考にして、正確な取り付けを心がけましょう。(取扱説明書を見る)

>>>シンシェードの取り付け方はこちら

次に、固定パーツの点検を行います。シンシェードの固定部分がしっかりと噛み合っていない場合、走行中に外れることがあります。特に、プラスチック製の部品が劣化している場合は交換が必要です。交換部品はメーカーから取り寄せることができます。

さらに、追加の固定手段を検討することも有効です。例えば、取り付け部分に薄いゴムシートを挟むことで摩擦を増やし、滑りにくくすることができます。実際に、ユーザーの中には指サックをカットして挟むことでズレを防いでいる人もいます。

定期的なメンテナンスも忘れずに行いましょう。シンシェードの取り付け部分や固定パーツは、定期的にチェックし、緩みがないか確認することで、未然にトラブルを防ぐことができます。

以上の対策を講じることで、シンシェードが外れる問題を効果的に防止し、安全に使用することができます。

シンシェード1155の適合車種

シンシェード1155は特定の車種に適合するように設計されています。

まず、トヨタ車の中でも特に適合するモデルが多く、ヴォクシー(70系~90系)、ノア(70系~90系)、エスクァイア(80系)、エスティマ(50系)、プラド(150系)などが挙げられます。これらの車種はシンシェード1155が適合するため、問題なく使用できます。

次に、日産車でもいくつかのモデルに適合します。例えば、エルグランド(52系)、セレナ(25~28系)、ムラーノ(50系~51系)などが対象となります。これらの車種もシンシェード1155が適合し、快適に使用することが可能です。

さらに、三菱のデリカD2(10系~30系)もシンシェード1155に適合します。デリカD2はキャンピングカーやアウトドアでの使用が多い車種であり、シンシェード1155はその用途に最適です。

また、ホンダ車は現在テスト中で適合車種がはっきりしていませんのでおすすめできません。

スバル車についてはアイサイト搭載車が増えていることから全車不可となっています。

適合車種の詳細はシンシェードの公式サイトや取扱説明書で確認することができます。購入前に必ず自分の車種が適合するか確認し、適切なシンシェードを選ぶようにしましょう。

シンシェード 車検を見据えた購入ガイド

シンシェイド運転席画像
引用元:SHINSHADEホームページ

シンシェード適合表の確認方法

シンシェードを購入する前に、まず自分の車に適合するかどうかを確認することが重要です。シンシェード適合表の確認方法について説明します。

まず、シンシェードの公式サイトにアクセスします。公式サイトには、適合車種の一覧が掲載されており、簡単に確認することができます。サイトのメニューから「適合車種表」や「車種別対応表」などのリンクを探し、クリックします。

次に、車検証を手元に用意し、自分の車の型式や年式を確認します。適合表は通常、車種名、型式、年式などの情報を基に作成されているため、正確な情報が必要です。自分の車がリストに含まれているかどうかを確認し、適合するシンシェードのモデルを特定します。

また、適合表には特定のモデル番号が記載されていることが多いです。例えば、「シンシェード1155」や「シンシェード1400」など、自分の車に適合するモデルを確認し、購入時にそのモデルを選択します。

さらに、適合表に載っていない車種の場合は、シンシェードのカスタマーサポートに問い合わせることができます。公式サイトには問い合わせフォームや電話番号が掲載されており、専門のスタッフから直接アドバイスを受けることができます。

以上の手順を踏むことで、シンシェードが自分の車に適合するかどうかを確実に確認できます。購入前にしっかりと適合表を確認し、安心してシンシェードを使用しましょう。

シンシェードの商品詳細と特徴

シンシェードは、車内の温度上昇を防ぎ、快適なドライブをサポートするための優れたアイテムです。ここでは、シンシェードの商品詳細と特徴について詳しく説明します。

シンシェードは、ロールスクリーン式のサンシェードであり、使い勝手の良さが大きな特徴です。使用時には下に引くだけで簡単に設置でき、使用後はボタン一つで自動巻き上げが可能です。これにより、毎回の取り外しや設置の手間が大幅に軽減されます。

遮光性に優れており、外側はシルバーで反射し、内側はブラックで熱を吸収する構造になっています。これにより、車内の温度上昇を効果的に防ぎ、特に夏場の駐車中でも快適さを保つことができます。

シンシェードは常時取り付け型で、使用しない時でも場所を取らずに収納できるのも大きな利点です。これにより、車内のスペースを有効活用でき、他の荷物の置き場所に困ることもありません。

また、防犯対策としても効果的で、外からの視線を遮ることでプライバシーを保護します。車中泊や車内での着替えなど、様々なシーンで利用できるのも魅力です。

さらに、シンシェードは軽量で耐久性のある素材で作られており、長期間使用しても品質が保たれます。取付も簡単で、特別な工具を必要としないため、誰でも手軽に設置することができます。

このように、シンシェードは使いやすさと機能性を兼ね備えた製品であり、車内の快適さを向上させるための必需品と言えるでしょう。

シンシェードの取り付け方

シンシェードの取り付け方は非常に簡単で、特別な工具を必要としません。以下の手順で正確に取り付けることができます。

まず、シンシェードのパッケージを開け、すべてのパーツが揃っていることを確認します。パーツには、本体、取り付け金具、取り扱い説明書が含まれています。取り扱い説明書を一度通読し、取り付け手順を把握しておきましょう。

次に、シンシェード本体をフロントガラスの上部に位置させます。このとき、取り付け金具を使ってフロントガラスにしっかりと固定します。取り付け金具は、純正サンバイザーの根元部分に挟み込む形で取り付けるのが一般的です。

しっかりと固定されていることを確認するために、軽く引っ張ってみて、動かないかチェックしましょう。

本体の固定が完了したら、シンシェードを引き出してみます。ロールスクリーン式になっているため、下に引くだけで簡単に広げることができます。広げた際にシンシェードが水平に保たれているか確認し、位置を微調整します。

最下部のパイプには重しの役割があり、これをダッシュボードの前方に差し入れると、シンシェードがしっかりと固定されます。

最後に、使用後の収納も簡単です。右端のボタンを押すだけで、シンシェードは自動的に巻き取られます。収納後はロックをかけておくことで、走行中にシンシェードが不意に降りてくることを防げます。

このように、シンシェードの取り付け方はシンプルであり、誰でも手軽に行うことができます。取扱説明書に従いながら丁寧に取り付けることで、安全かつ快適にシンシェードを使用することができます。

取扱説明書を見る

シンシェードはオートバックスで購入できるか?

シンシェードをオートバックスで購入できるか調べてみましたが、近所の2店舗では販売をしていませんでした。

まず、オートバックスの店舗に直接足を運びましょう。店舗内のカーアクセサリーコーナーやサンシェードコーナーにシンシェードが陳列されている場合があります。

店舗スタッフにシンシェードの取り扱いについて尋ねると、在庫状況や取り扱いモデルの詳細を教えてもらえます。

また、オートバックスの公式オンラインショップでも販売していませんでした。

このように、シンシェードはオートバックスでの販売は確認できませんでした。

シンシェードをAmazonで購入できる?

シンシェードはAmazonで購入することができます。Amazonは多くのカーアクセサリーを取り扱っており、シンシェードもその一つとして販売されています。以下の手順でシンシェードをAmazonで購入する方法をご紹介します。

まず、Amazonのウェブサイトまたはモバイルアプリを開き、検索バーに「シンシェード」と入力して検索します。検索結果には、シンシェードの様々なモデルが表示されますので、自分の車種に適したものを選びましょう。商品名や説明文には適合車種が記載されていることが多いので、しっかりと確認してください。

次に、商品ページを開きます。商品ページには、商品の詳細情報、価格、使用方法、そしてユーザーレビューが記載されています。これらの情報をもとに、商品の特徴や実際の使用感を把握し、自分のニーズに合っているか確認します。

Amazonでシンシェードを購入する際には、適合車種の確認が特に重要です。

シンシェードには複数のモデルがあり、適合しないモデルを購入してしまうと使用できない場合があります。適合車種は商品説明欄やメーカーの公式サイトで確認できますので、必ずチェックしてください。

以上の手順を踏むことで、Amazonで簡単にシンシェードを購入することができます。Amazonの利便性を活用して、自分の車に最適なシンシェードを手に入れましょう。

シンシェードの評判と口コミ

シンシェードの評判と口コミは、製品の購入を検討する際に非常に参考になります。シンシェードに関する多くのユーザーの声がインターネット上に寄せられており、その評価は全般的に高いです。

まず、シンシェードの利便性について多くのユーザーが高く評価しています。特に、ロールスクリーン式の設置と収納の簡単さが、多くのユーザーにとって大きなメリットとなっています。

短時間で設置でき、ボタン一つで自動的に巻き取られるため、毎日の使用がストレスなく行えると好評です。

次に、シンシェードの遮光性についても高評価が寄せられています。外側のシルバーコーティングが日光を反射し、内側のブラックコーティングが熱を吸収することで、車内の温度上昇を効果的に防ぐことができると多くのユーザーが満足しています。夏場の車内温度を快適に保つためのアイテムとして、多くのレビューが寄せられています。

一方で、シンシェードの取り付けに関する口コミもあります。初回の取り付けには少し時間がかかる場合があると指摘する声がある一方で、一度取り付けてしまえばその後の使用が非常に簡単であるという意見が大多数です。

また、一部のユーザーからは、走行中にシンシェードが外れることがあるという報告もありますが、これは取り付け方法を見直すことで改善できる場合が多いです。

最後に、シンシェードの耐久性についても意見が分かれます。多くのユーザーは、シンシェードの素材が高品質で長持ちすると評価していますが、一部のユーザーからは、プラスチック部品の劣化が早いと感じるとの声もあります。

総じて、シンシェードはその便利さと効果性から高い評価を受けており、多くのユーザーが満足している製品です。口コミを参考にして、自分のニーズに合ったシンシェードを選ぶことが重要です。

シンシェードはこんな人におすすめ

シンシェードは、以下のようなニーズを持つ方に特におすすめです。

頻繁に車を使用する人

シンシェードは、簡単に取り付け・取り外しができるため、日常的に車を使用する方にとって非常に便利です。特に、短時間の駐車でも手軽に設置できるため、コンビニやスーパーなどへの短い立ち寄りでも手間なく使用できます。

夏場の車内温度上昇を防ぎたい人

夏の強い日差しの下で駐車することが多い方には、シンシェードの高い遮光性と熱反射効果が大きなメリットです。外側のシルバーコーティングが日光を反射し、内側のブラックコーティングが熱を吸収するため、車内の温度上昇を防ぎ、快適な環境を保つことができます。

車中泊やアウトドアが好きな人

シンシェードは、防犯対策としても優れており、外からの視線を遮ることができます。これにより、車中泊やアウトドア活動を楽しむ方にとっては、プライバシーを保護し、安心して車内で過ごすことができます。キャンプや長時間のドライブにも最適です。

従来のサンシェードの手間に悩んでいる人

従来の吸盤式サンシェードや折りたたみ式サンシェードを使用していて、設置や収納に手間を感じている方にもシンシェードはおすすめです。ロールスクリーン式のシンシェードは、ボタン一つで自動巻き取りができ、使わない時にはコンパクトに収納できるため、手間がかかりません。

車の見た目を気にする人

シンシェードは、スタイリッシュなデザインと高品質な素材を使用しており、車の外観を損なわずに使用できます。特に、車内のインテリアにこだわりがある方にとって、シンシェードは見た目も重視したいポイントです。

このように、シンシェードは多様なニーズに応える製品であり、車の使用頻度が高い方や快適さを追求する方に特におすすめです。自分のライフスタイルや使用シーンに合わせて、シンシェードの利便性を最大限に活用しましょう。

【シンシェード】車検対応とメリット・デメリットを徹底解説 まとめ

シンシェードについて解説しました。以下の通り要点をまとめます。

  • シンシェードは車検対応をしている
  • 車検時にはシンシェードを取り外すことが推奨される
  • フロントガラスや運転席の窓を覆う場合は注意が必要
  • 運転視界を妨げないことが重要
  • 取り付け方法や状態が車検に影響する
  • しっかりと固定されていることが求められる
  • 車検時には運転席や助手席の窓から外しておくことが重要
  • シンシェードは走行中に外れないようにする必要がある
  • シンシェードの取り付け状態が安全基準に適合しているか確認する
  • 車のサンシェードは運転中に使用すると違反となる
  • 駐車中に使用するサンシェードは違反ではない
  • シンシェードの遮光性と防犯対策が評価されている
  • シンシェードは高い遮光性と熱反射効果がある
  • プライバシー保護に役立つ
  • 初回の取り付けには手間がかかることがある
  • 固定が不十分だと運転中にずれることがある
  • プラスチック部品の耐久性に不安がある場合がある
  • 適合車種の確認が必要である
  • 駆動中に外れないためのメンテナンスが必要
  • シンシェードの熱反射効果により車内温度が快適に保たれる
  • 高温日にシンシェードが熱くなることがある
  • 頻繁に車を使用する人におすすめ
  • 夏場の車内温度上昇を防ぎたい人に最適
  • 車中泊やアウトドアが好きな人に向いている
  • 従来のサンシェードの手間に悩んでいる人に便利
  • 車の見た目を気にする人に適している

初回の取り付けに若干の手間はかかりますが、メリットの多いシンシェード。一度お試ししてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次